お問い合せ

新装版 こころの朝 イソップ寓話①

第1章      大人の「イソップ寓話」

イソップ1

感謝の心を失い、恩を仇で返す者は、必ず破滅する

ブドウの葉を食べたシカ

 

恩を仇で返す者は、必ず破滅する。

「恩」とは、原因-因を知る心-心と書く。

今の「私」があるのは、どなたのおかげなのか。

恩師に出会わなければ——。

両親の庇護がなければ——。

朋友に恵まれなければ—–。

感謝の心を失い、平然と裏切る者は、このシカと、何ら変わるところがない。

 

この世で最も不幸な人は 感謝の心のない人である

 

イソップ2

調子のいい時が、いちばん危ない

ライオンに挑んだ蚊

 

やはり、人間にとって、いちばん恐ろしいのは、慢心、うぬぼれ心である。

成功したり、希望がかなったりすると、うれしさのあまり、つい気が緩む。

その心のスキが、時によっては、致命的な失敗を招いたりする。

日本でも、古来、「勝って兜の緒を締めよ」と戒められてきた

 

イソップ3

自分の行為が、どういう結果を引き起こすのか、よく考えから行動せよ

井戸へ飛び込んだヤギ

 

後悔、先に立たず。

「あれをしたい」「これをしたい」という思いが、次々にわいてくる。

だが、後先を考えずに行動すれば、破滅を招いたり、人に迷惑をかけたりするのが落ちである。

「自分の行為が、どういう結果を引き起こすのか、よく考えてから行動せよ」と、この話しは教えている。

 

夕べに熟慮して 朝-あしたに断行

 

イソップ4

困っている人があれば、親切にしてあげよう

池に落ちたアリ

 

「情けは人の為ならず」—情けはその人のためにならない、と解釈するのは誤り。

—といわれるように、困っている人がいれば、できるだけ親切にしてあげよう。

それは、いずれ、巡り巡って自分に返ってくるのだから。

 

イソップ5

名誉欲が、不幸を招くことが多い。しかも死ぬまで捨て切れない

ネズミとイタチの戦争

 

名誉欲が、不幸を招くことが多い。

しかも死ぬまで捨てきれない。

歴史上、数え切れないほどの人々が、この名誉欲に殺されている。

 

イソップ6

悪意を持っている者には、何を言っても通用しない

オオカミに狙われた子ヒツジ

 

他人が理不尽なことを言ってきた時に、いちいち言い返したり、腹を立てたりしていたら、

エネルギーを消耗するだけである。

悪意を持っている人、根本的に考え方が違う人には、何を言っても通用するはずがない。

説得しよう、分からせようとして近づくと、どんどん自分が悪縁に染まってしまう。

そんな相手には、かかわらないほうがいい。さっと身をかわして、遠ざかったほうがいい。

私たちが幸せになったり、苦しんだりするのは、いちばん大きな影響を与えるのは「人間」である。

人との出会いが、人生を大きく変えていくのだ。

常に、前向きなことを言ったり、やったりすることに、心がけている人を選んで近づくようにしていきたい。

 

 

この続きは、次回に。

トップへ戻る