お問い合せ

現代語訳「論語と算盤」⑥

□ 『論語』はすべての人に共通する実用的な教訓

 

初めて商売人になるという時、ふと感じたのが、「これからは、いよいよ

わずかな利益をあげながら、社会で生きていかなければならない。

そこで志をいかに持つべきなのだろう」ということだった。

その時、前に習ったことのある『論語』を思い出したのである。

『論語』には、おのれを修めて、人と交わるための日常の教えが説いて

ある。『論語』はもっとも欠点の少ない教訓であるが、この『論語』で

商売はできないか、と考えた。

そしてわたしは、『論語』の教訓に従って商売し、経済活動をしていく

ことができると思い至ったのである。

 

「わたしは『論語』で一生を貫いてみせる。金銭を取り扱うことが、なぜ

賤(いや)しいのだ。君のように金銭を賤しんでいては、国家は立ちゆかない。

民間より官の方が貴いとか、爵位が高いといったことは、実はそんなに

尊いことではない。人間が勤めるべき尊い仕事は至るところにある。

官だけが尊いわけではない」と『論語』などを引用しながら、いろいろと

反論や説明に努めたのである。そしてわたしは、『論語』をもっともキズが

ないものだと思ったから、『論語』の教訓を目安として、一生商売をやって

みようと決心した。

それは明治六(一八七三)年の五月のことであった。

 

『論語』は決してむずかしい学問上の理論ではないし、むずかしいものを

読む学者でなければわからない、というものでもない。

『論語』の教えは広く世間に効き目があり、もともとわかりやすいもの

なのだ。それなのに、学者がむずかしくしてしまい、農民や職人、商人

などが関わるべきではないし、商人や農民は『論語』を手にすべきでは

ない、というようにしてしまった。これは大いなる間違いである。

このような学者は、たとえてみると、口やかましい玄関番のようなもので、

孔子には邪魔ものなのだ。こんな玄関番を頼んでみても、孔子に面会する

ことはできない。孔子は決してむずかし屋ではなく、案外さばけていて、

商人でも農民でも誰にでも会って教えてくれるような方なのだ。

孔子の教えは、実用的で卑近な教えなのだ。

 

● 貴い

「非常に貴重である様」「地位が高いこと」という2つの意味がある

 

「貴い」には、「非常に価値があり貴重である様」「身分や地位が極めて

高い様」という2通りの意味があります。

「貴」という漢字は「貴重」などの単語の使用例があるように、「他に

代えるものがなく、価値がある様・誰が見ても価値がある様」を指して

「貴い」と表現します。

また、「高貴」という単語があるように、「身分や地位が高いこと」に

対しても「貴い」という表現を使用することができます。

 

「貴い」の読み方は「たっとい」「とうとい」

 

「貴い」は「たっとい」あるいは「とうとい」と読みます。

聖徳太子の教えのひとつに「和を以て貴しとなす(わをもってたっとしと

なす)」がありますが、この「貴し」と同じ読み方をします。

一方で、「とうとい」という読みも可能です。

「たっとい」という読みよりも耳馴染みがあるため、聞いている人もわかり

やすいかもしれません。

 

● 卑近(ひきん)

身近でありふれていること。高尚でなくわかりやすいこと。

また、そのさま。

 

● 高尚(こうしょう)

学問・技芸・言行などの程度が高く上品なこと。

けだかくてりっぱなこと。

 

● 言行(げんこう)

言葉と行い。口で言うことと実際に行うこと。

 

 

 

 

この続きは、次回に。

 

トップへ戻る