お問い合せ

現代語訳「論語と算盤」⑰

□ 一生涯に歩むべき道

 

武士になると同時に、当時の政治体制をどうにか動かすことはできない

だろうか—今日の言葉をかりていえば、政治家として国政に参加して

みたいという大望を抱いたのであった。そもそもこれが故郷を離れて、

あちらこちらを流浪するという間違いをしでかした原因であった。

白状してしまうと、わたしの志は、青年期においてはしばしばゆれ動いた。

最後に実業界で身を立てようと志したのが、ようやく明治四、五(一八七一〜

七二)年の頃のことで、今日より思い起こせば、このときがわたしにとっての

本当の「立志」—-志を立てることであったと思う。

もともと自分の性質や才能から考えても、政界に身を投じることは、むしろ

自分の向かない方角に突進するようなものだと、この時ようやく気がついた

のであった。それと同時に感じたことは、欧米諸国が当時のような強さを

誇った理由は、商工業の発達にあることだった。

現状をそのまま維持するだけでは、日本はいつまでたっても彼らと肩を

並べられない。だからこそ、国家のために商工業の発達を図りたいという

考えが起こって、ここで初めて「実業界の人になろう」との決心がついた

のであった。

そして、このとき立てた志で、わたしは今に至る四十年あまりも一貫して

変わらずにきたのである。

真の「立志」はまさしくこの時であった。思うに、それ以前に立てた志は、

自分の才能に不相応な、身のほどを知らないものであった。

だから、しばしば変更を余儀なくされたに違いない。それと同時に、以後に

立てた志が、四十年以上通じて変わらないものであったところを見ると、

これこそ本当に自分の素質にかない、才能にふさわしいものであったことが

わかるのである。しかし、もし自分に、自分を知ることのできる見識が

あって、十五、六歳の頃から本当の志が立ち、初めから商工業に向かって

いったとしよう。

そうであったなら、現実にわたしが実業界に足を踏み入れた三十歳頃までに、

十四、五年という長い年月があった。その間に商工業に関する素養をもっと

もっと積むことができたに違いない。

かりにそうであったとすれば、あるいは実業界における現在の渋沢以上の

渋沢が、生まれていたのかもしれないのだ。しかし残念ながら、青年時代の

見当違いなやる気で、肝心の修養すべき時期をまったく方向違いの仕事で

ムダに使ってしまった。

こんな話からも、まさしく志を立てようとする青年は、ぜひとも前の人間の

失敗を教訓にするのが良いと思う。

 

● 流浪

 

住むところを定めず、さまよい歩くこと。

「流浪の民」「諸国を流浪する」

 

● 立志

 

志を立てること。

将来の目的を定めて、これを成し遂げようとすること。

 

● 素養

 

ふだんの練習や学習によって身につけた技能や知識。たしなみ。

「絵の素養がある」

 

● 修養(しゅうよう)

 

知識を高め、品性を磨き、自己の人格形成につとめること。

「刻苦勉励して修養を積む」「精神を修養する」

 

 

 

この続きは、次回に。

トップへ戻る