お問い合せ

現代語訳「論語と算盤」㉟

□ 一日を新たな気持ちで

 

社会の事柄は、年ごとに進歩しているように見える。また学問も、国内外を

問わず少しずつ新しいものが出てきている。こうして社会は、毎日毎月、

進歩するのに対して、世間はそうはいかない。

年月がたつ間に、マイナス面が出てきてしまい、長所が短所となり、利益が

害悪になることから逃れられないのだ。

特に、悪い習慣づけが続くと、溌剌とした元気がなくなってしまう。

このため、昔の人もこんな教えを述べている。

「殷王朝を創始した湯王は、自分の顔を洗うタライに『一日を新たな

気持ちで、日々を新たな気持ちで、また一日を新たな気持ちで』と

刻んでいた」

何でもない教えなのだが、確かに、毎日新たな気持ちでいるのは面白い。

その一方で、すべてが形式的になってしまうと、精神が先細りしていく。

何についても「一日を新たな気持ちで」という心掛けが肝心なのだ。

政治の世界で、今日、物事が滞ってしまっているのは、決めごとが

多すぎるからである。官僚たちも形式的で、たとえば物事の本質を考え

ようとはせず、自分にあてがわれた仕事を機械的に処理することで満足

してしまっている。いや官僚ばかりではない、民間の会社や銀行にも、

このような風潮が吹き荒れているように感じられるのだ。もともと形式に

流れるような風潮は、発展中の元気溌剌な国には少ないものだ。

逆に、長い間の慣習が染みついた古い国には多くなる。

徳川幕府が倒れたのはこの理由からでもあった。中国には、「戦国時代に

合った六つの国は、秦に滅ぼされたのではない、自ら滅びる原因を作って

滅びたのだ」という言葉もある。

幕府を滅ぼしたのも幕府自身でしかなかった。台風が吹いても木は倒れは

しないのだ。

少し話が変わるが、わたしは儒教を信じていて、これを言葉や行動の規範

している。『論語』には、「天に罪を犯してしまえば、いくら祈っても

無駄だ」とあるが、わたしも自分の行いがお天道様に恥じないか否かを

いつも考えている。しかし、わたし一人ならそれもよいかもしれないが、

一般の民衆はそうはいかない。知識が十分ないものには、やはり一般的な

宗教が必要になってくるのだろう。

ところが今日の状態は、天下の人々の心が一つになるようなこともなく、

宗教もまた形式的になってしまった。残念ながらまるで茶道の流派や流儀の

ように、分裂したありさまに宗教界がなっている。これでは民衆を導く

こともできない。何とかしなければならない事態だと思う。

この状態に対して、よい手を打ちたいと思うのだが、世間では迷信なども

いまだに盛んなままだ。迷信を下手に信じてしまい、田んぼをダメにして

しまったとか、喰いぶちを失ったという人も多い。まともな宗教家が本当に

力を入れて活動しなければ、こういった勢力はますます盛んになるばかり

だろう。西洋人はいう。「信念がつよければ、道徳は必要ない」その信念を

持たなければならない。

 

● 溌剌

 

生き生きとして元気のよいさま。「―とした声」「生気―たる若者」

 

● 規範

 

1. 行動や判断の基準となる模範。手本。「社会生活の―」

2. 《(ドイツ)Norm》哲学で、判断・評価・行為などの基準となるべき原則。

 

 

 

この続きは、次回に。

トップへ戻る