お問い合せ

現代語訳「論語と算盤」㊶

第7章 算盤と権利

 

□ 仁を実践するにあたっては、自分の師匠にも遠慮しない

 

世の中には、「『論語』の考え方には権利思想が欠けている。

この思想がなくては、文明国の完全な教えとして不完全だ」と論ずる

ものがいる。しかし、これはそう語る人の誤りといわなければならない。

また、キリスト教を中心とするヨーロッパの思想に比較すれば、どうしても

権利思想が薄弱だと思ってしまうだろう。しかしながら、このようなことを

いう人は、わたしは、まだまだ本当に孔子を理解した人ではないと思う。

キリストや釈迦は、最初から宗教家として世に立った人であった。

これに対して、孔子は違う。宗教を背負って社会に拘ろうとした人では

ないように思われるのだ。キリストや釈迦とは、その成立事情が違って

いるわけである。

特に、孔子が生きていた時代の中国は、とにかく義務を先にして権利を

後にする風潮があった。このような空気のなかで成長した孔子を取り上げて、

二千年後の今日に、まったく思想背景の違うキリストと比べるのは、比較

すべきでないものを比較してはいないだろうか。

これでは議論自体、最初からその根本を間違えているというべきで、

キリストと孔子の教えが出るのは、当然の帰結にならざるを得ないので

ある。では、孔子の教えには、権利思想がまったくないのであろうか。

以下、わたしが思うところを披露して、世の中の誤解を解いていきたいと

思う。

『論語』の教えは、自分を律するのが主眼であって、「人はこうありな

さい」とか「こうありたい」といったように、どちらかといえば消極的に

人の道を説いたものである。そしてこの教えを押し広げていけば、ついには

天下と頭角をあらわせる、というのだ。

しかし、孔子の真意を推し量ってみると、孔子は宗教という形で、人に

教えるための説を立てようとは考えていなかったようだ。ただし、誤解の

ないようにいっておくと、孔子にも人を教え諭そうという思いが全くな

かったわけではない。もし孔子が政治を執ったなら、よい政治を行って

国を豊かにし、人々を安心させ、道徳による統治を満足いくまで押し

広めるつもりであっただろう。

言葉を換えれば、孔子は最初、一人の政治家だった。しかし政治家として

活躍する前に、門人からさまざまな質問を受け、答えていった。門人と

いっても、いろいろな背景を持った人たちの集まりなので、その質問は

政治や道徳、文学、礼など多くのジャンルに渡っていた。

この問答を集めたものがやがて『論語』二十篇になったのだ。

また、孔子は『詩経』を整理し、『書経』に注釈をつけ、『易経』を編纂し、

『春秋』を作ったといういい伝えがあるが、これは孔子晩年のことだ。

 

—-省略—-

 

キリスト教の説く「愛」と、『論語』の教えである「仁」とは、ほとんど

一致しているのではないだろうか。ただし、そこにも「自分からする」と

「他人からされる」という違いはある。たとえばキリスト教の方では、

「自分がして欲しいことを、人にもしなさい」と教えているが、孔子は、

「自分がして欲しくないことは、他人にもしない」と反対に説いている。

だから一見義務ばかりで、権利の考え方がないように見えるわけだ。

しかし義務と権利とは対照的に見えても、結局は一致するという指摘も

ある。だからわたしは、キリストと孔子が目指したものも最終的には一致

するのであろうと考えている。

さらにわたし自身は、宗教やその教養としては、キリスト教の方がよい

かもしれないが、人間の守る道として孔子の教えの方がよいと思っている。

これはわたし独自の考え方かもしれないが、孔子の方が高く信頼できる

点として、奇蹟が一つもないことがある。キリストにせよ釈迦にせよ、

奇跡がたくさんある。キリストが磔(はりつけ)にされてから三日後に蘇生

したというのは、明らかに奇蹟ではないか。

もちろんキリストは優れた人物だったわけで、必ずそういうことが

なかったとは断言できないだろう。それは凡人の知恵では計り知れ

ないといわなければならない。しかしこれを信じるなら、迷信に陥って

しまわないだろうか。このような事柄をいちいち事実だと認めてしまうと、

知恵はまったくくらまされ、その挙句に一滴の水が薬品以上の効果を

あらわすとか、土鍋の上からお灸をしても効き目があるといったことも、

認めなくてはならなくなる。こうしたことを信じる弊害は、はなはだ

しいものなのだ。

日本も文明国だといわれながら、白衣を着ての願掛けとか、不動尊での

豆まきの行事などが、今でも続けられている。これでは迷信の国だという

批判を受けても仕方がないだろう。ところが孔子には、この遠ざけるべき

迷信が何もない。この点こそ、わたしがもっとも深く信じる理由であり、

またここから真の信仰も生まれて来るのであろうと思う。

最後に、『論語』にも明らかに権利思想の含まれていることは、孔子が、

「仁を実践するにあたっては、師匠にも譲らない」といった一句を述べて

いることでも、十分証明できると思う。「正しい道理に進むなら、あくまで

自分の主張を通してよい」「師匠は尊敬すべき人だが、仁に対してはその

師匠にすら譲らなくてもよい」といった内容のなかには、権利思想が

みなぎっているのではないか。ただこの一句だけではなく、広く『論語』の

各章を訪ねていけば、これに類した言葉はなおたくさん見出すことが

できるのである。

 

● 権利

 

1. ある物事を自分の意志によって自由に行ったり、他人に要求したり

    することのできる資格・能力。「邪魔する権利は誰にもない」

    「当然の権利」「権利を主張する」⇔義務

2. 一定の利益を自分のために主張し、また、これを享受することができる

     法律上の能力。私権公権とに分かれる。

   「店の権利を譲る」⇔義務。→ライツ(rights)

3. 権勢と利益。

 

● 思想

 

1. 心に思い浮かべること。考えること。考え。「新しい思想が浮かぶ」

  「普天下の人をして自由に―し」〈中村訳・自由之理

2. 人生や社会についての一つのまとまった考え・意見。特に、政治的、

    社会的な見解をいうことが多い。

   「反体制思想を弾圧する」「末法 (まっぽう) 思想」「危険思想」

3.哲学で、考えることによって得られた、体系的にまとまっている意識の

    内容をいう。

 

● 主眼

 

主要な目的。また、主要な点。かなめ。眼目。

「実用化に研究の主眼を置く」

 

● 門人

 

門下の人。門下生。門弟。

 

● 『詩経』

 

儒教の原典である「五経」の一つで、古代の歌謡集。

 

● 『書経』

 

「五経」の一つ。伝説の聖天子である堯・舜・兎から周の文王・武王、

春秋時代の秦の穆公までの為政者たちと、その補佐役の言辞をまとめた

もの。

 

● 『易経』

 

「五経」の一つで、占いの書として有名。あらゆる事象を六十四の卦に

分けて、それを説明する「経」と、その解釈学である「十翼」からなる。

 

● 『春秋』

 

魯の国の史官が記した編年体の史書。

前722から前481までが記述されている。

 

 

 

この続きは、次回に。

トップへ戻る