お問い合せ

現代語訳「論語と算盤」㊸

□ 競争の善意と悪意

 

この講演を聞かれている輸出貿易に従事する人—わたしと同じ実業家の

立場の人に「商業道徳」などというと、もしかしたら商業だけに道徳が

あるように聞こえてしまうかもしれない。しかし、道徳というのは世の

中の人すべてが歩むべき道であるから、単に商人だけが持っていればよい

というものではない。また、「商業の道徳はこうである」「武士の道徳は

こうである」「政治家の道徳はこうである」と、官僚の制服が線の数で

位を表しているように、別々に区分けされているわけでもない。

人の歩むべき道であるからには、すべての人が守るべきものなのだ。

孔子の教えでいえば、「親や目上の者を大切にすることは、仁という最高

道徳を身につける根本である」という言葉がある。親や目上を大切にする

行いが、やがては社会の基本的な道徳へと大きく育っていったり、良心や

思いやりに育っていったりするものなのだ。

これを総称して道徳と呼ぶようになったのだろう。ここでは、そうした

広い意味での人の踏むべき道徳ではなく、商売において、特に輸出商売に

おいて注意すべき「競争の道徳」について述べておきたいと思う。

わたしはこの点をみなさんとよく話し合って、商売の決めごとを道徳的に

固めておきたいと深く希望するのだ。

そもそも何かを一所懸命やるためには、競うことが必要になってくる。

競うからこそ励みも生まれてくる。いわゆる「競争」とは、勉強や進歩の

母なのである。しかしこれは事実である一方、「競争」には善意と悪意の

二種類があるように思われる。踏み込んで述べてしまえば、毎日人よりも

朝早く起きて、よい工夫をして、知恵と勉強とで他人に打ち克っていくと

いうのは、まさしくよい競争なのだ。しかし一方で、他人のやったことが

評判がよいから、これを真似してかすめ取ってやろうと考え、横合いから

成果を奪い取ろうとするのは悪い競争に外ならない。

ただし、簡単に善悪二つに分けられるにせよ、そもそも事業にはさまざま

あって、競争の種類もいくつもある。そのなかで性質が善でない競争に

携わった場合、状況によっては利益が転がり込んでくることもあるだろう。

しかし多くの場合は他人を妨害することで、やがて自分の損失にもつな

がってしまう。さらに自分や他人という関係ばかりでなく、その弊害が

国家に及んでしまうこともある。

「日本の商人は困ったものだ」と外国人にまで軽蔑されるようになれば、

その弊害はとても大きいといわざるを得ない。今お集まりのみなさんは、

もちろんそのようなことはないと思うが、万一のことを考えて、ここでは

老婆心を述べさせていただいている。

どうも世間には、押し並べてこのような弊害が多いとも聞く。

特に雑貨輸出などの商売において、悪い意味での競争、つまり道徳に欠ける

行いが他人を傷つけて、自分の損失ともなり、国家の品位まで落として

しまっている。商工業者の地位を高めようとしてお互いに努力してきた

はずなのに、なぜか反対に低めることになっている。

では、どのような経営をすればよいのか。

事実に立脚しないと、こういうことははっきりとはいえないものだが、

わたしは善意の競争に努めて、悪意の競争を避けるということがよい、

と思っている。悪意の競争を避けるというのは、こういうことだ。

お互いが商業道徳を尊重するという強い意志を持っていれば、いくら自己

開発に努めていったとしても悪意の競争に陥ることはない。

どの一線を越えてはならないというのは、『バイブル』を読んだり、

『論語』を暗誦(あんしょう)しなくとも、必ずわかるものだろう。

もともとこの道徳というものをあまりむずかしく考えてしまい、東洋の

道徳でよく見られるように、格式ばった文字を並べ立てていると、道徳が

茶の湯の儀式のような形骸化に陥りかねなくなる。

一種の唱え言葉になって、道徳を説く人と、道徳を行う人とが別になって

しまうのだ。これでははなはだ不都合ではないか。

そもそも道徳は、日常のなかにあるべきことで、ちょっと時間を約束して

間違えないようにするのも道徳なのだ。また、人に対して譲るべきものは

相応に譲るのも道徳である。またあるときは、人に先んじて人に安心感を

与えるのも道徳になる。何かをするのに弱い者を助ける心を持たなくては

ならないのも、道徳なのだ。このようにちょっと品物を売るというだけ

では、道徳はそのなかに含まれている。だから道徳というものは、朝から

晩までついてまわってくるものなのだ。ところが、道徳をとてもむずかしい

もののように見なして、日常の道徳を隅の方に追いやり、「さて今日から

道徳を行うぞ」「この時間が道徳の時間だ」といったように仰々しく

やろうとする場合がある。そんな億劫なものではないのだ。

もし商工業において「競争の道徳」なるものがあったなら、何度も繰り

返している通り、善意の競争と悪意の競争というものを考えなければ

ならない。妨害によって人の利益を奪う競争であるなら、それは悪意の

競争というのだ。一方で、品物を徹底して選びぬき、他の利益を奪うような

ことをしないのが、善意の競争なのだ。

この二つの境界線は、どんな人でも自分の良心に照らし合わせてみれば、

商売には絶えざる自己開発が必要なのだ。

それと同時に悪意の競争をしてはならないことを、強く心に留めておか

なければならない。

 

● 老婆心

 

年とった女性が、度を越してあれこれと気を遣うこと。

転じて、必要以上に世話をやこうとする自分の気持ちを、

へりくだっていう語。「老婆心から言わせてもらえば」

 

● 暗誦(あんしょう)

 

暗記したことを口に出して唱えること。あんじゅ。

 

● 形骸化

 

実質的な意味を失い、形式だけが残ること。「規則が形骸化する」

 

 

 

この続きは、次回に。

トップへ戻る