お問い合せ

現代語訳「論語と算盤」㊽

□ 利益を追求する学問のマイナス面を無くしていくべきだ

 

ヤマト魂や武士道を誇りとするわが日本で、その商工業者が道徳の考え方に

乏しいというのはとても悲しむべきことだ。しかし、その原因は何だろうと

探っていくと、昔から続いてきた教育の弊害ではないかと思うのだ。

わたしは歴史家でもないし、学者でもないので、遠くその根源を極めると

いうことはできない。しかし、『論語』にある「人民とは、政策に従わ

せればよいのであって、その理由まで知らせてはならない」という考え方が、

江戸時代に定着していたことは確かだろう。

儒教のなかでも朱子学を信奉する林家(林羅山の家系)という家柄があった。

この林家が明治維新までの幕府の教育権限を一手に握り、この教えを浸透

させてきたのだ。治められる側にいた農業や工業、商売に従事する生産者

たちは、道徳教育とは無関係に置かれ続けた。このため、自分でも正義や

踏むべき道に縛られる必要などないと思うようになってしまった。

この学派をつくった朱子という人物が、大学者というだけの存在で、自分

自身で実践もするというタイプではなかった。口で道徳を説いたうえに、

自分自身でも社会正義のために現場で苦労しようとはしなかったのだ。

だから林家の学風も、儒者は聖人の学問を説く立場、一般の人々はそれを

実践するべき立場と、説く者と行う者とを区別してしまった。

この結果として、孔子や孟子がいうところの民、つまり治められる側の

一般民衆は、上からの命令を素直に聞いて、村や町から課せられた仕事や

行事をサボらなければそれでいい、といういじけた根性に馴染んでしまった。

言葉を換えると、社会の基本的な道徳など、治める側が身につければよい

もの、農民は政府から与えられた田畑を耕し、商人はソロバンでもちもち

やっていれば何も問題ないという考え方は、どこかにいってしまったので

ある。

「魚の干物を売っている市場にいる人間は、臭いになれてしまって、自分に

いかに臭いが染み付いているのかわからない」ということわざがある。

これと同じように、昔から悪習に数百年も染まり続け、もはや糞尿の臭い

すら気にしなくなった者がいたとしよう。彼を心変わりさせ、自ら成長

するように仕向けたうえ、人の踏むべき道を歩む立派な人間に見事仕立て

上げるのはもちろん簡単なことではない。しかも欧米から入ってくる新しい

文明は、日本の商工業者に道徳や人の踏むべき道がないのをいいことに、

みなを利益追求の科学にばかり向かわせている。

その結果、悪風はいよいよ助長されることになったのだ。

欧米でも、倫理の学問が盛んである。品性を磨きあげよという主張も盛んに

されている。しかし、その出発点は宗教なのだ。この点、日本人の心情とは

一致し難い面があった。一方で、利益を増大させ、産業を興すのに覿面

(てきめん)に効果のある科学的知識、つまり利益追求の学問はもっとも

広く歓迎され、もっとも大きな勢力となっていった。

豊かさと地位とは「人類の性欲」とでもいうべきものだが、初めから道徳や

社会正義の考え方がない者に向かって、利益追求の学問を教えてしまえば、

薪に油を注いでその性欲を煽るようなもの。

結果は初めからわかっていたのだ。

昔から単純労働から這い上がって、見事に自立して会社を興し、一躍

あこがれの地位に上がった人も少なくなかった。ではこれらの人々が、

社会正義のための道徳を常に守り、正しい道、公の道を進んで、誰にも

恥ずかしくない気持ちで今日まで生き続けてきたのかというと、わたしには

大いに疑問だ。

自分が関わっている会社や銀行などの事業を繁栄させようと、昼夜休む

ことのない努力をするのは、実業家としてまことに立派なことだ。

また、株主の利益に忠実なのも悪くはないだろう。しかし、もし会社や

銀行のために尽くそうという気持ちが、実は自分の利益を図ろうとする

利己心でしかなく、また、株主の配当を多くするのは自分の株主である

己の金庫を重くしたいためであるなら、これは問題だ。

もし会社や銀行を破産させ、株主に被害を与えた方が、実は自分の利益に

なるという状況に遭遇したなら、彼がその誘惑に勝てるかどうかきわめて

怪しくなる。孟子という思想家のいう、「人から欲しいものを奪い取ら

ないと、満足できなくなってしまう」という言葉は、これを意味している。

また、富豪や大商人に仕えて、ひたすら主人のために身を削るような者も、

表面上は一所懸命仕える忠実な者といえるだろう。しかし、その忠義の

行いは、実はすべて自分の利益になるかならないかの打算から出ていると

しよう。主人を豊かにするのは、自分を豊かにしたいがため。

「番頭」や「手代」と周囲から見下げられるのは面白くないが、実際の

収入を考えて、「普通の実業家よりたくさんもらえているから、名を捨てて

利益を取ろう」という気持ちだったらどうだろうか。その忠義ぶりも、

結局は「利益問題」という四字にとどまり、同じように道徳とは無関係と

しかいえないのだ。ところが世間の人々は、このような人物を成功者と

して尊敬し、またあこがれのまなざしを向けている。若い人たちも彼を

目標として、何とか近づこうとあれこれ考え、その悪い風習はどこまでも

続きかねない勢いだ。このようにいうと、商工業者のすべてはみな信頼

できない背徳者のように聞こえるかもしれない。しかし孟子にも、「人間の

本性は善なのだ」とあるように、人には善悪の心がともに備わっている。

なかには立派な人間もいて、商工業者の道徳のなさを嘆き、これを救おうと

努力している者も少なくない。とはいうものの、何せ数百年来の習慣が

染みつき、利益追求の学問によって悪知恵ばかり発達している者を一朝

一夕に立派な人間にするというのは、そう簡単にかなえられるものでは

ない。だからといってそのまま放任して事態の改善を望んでも、根のない

枝に葉を繁らし、幹のない樹木に花を咲かそうとするようなもの。

国の根本を培ったり、商業の権利拡張などとうてい望めなくなってしまう

のだ。そこで商業道徳の要であり、国家においても、世界においても直接的な

大きな影響のある「信用」の威力を宣伝していかなければならない。

日本の商業に携わる者すべてに、「信用こそすべてのもと。わずか一つの

信用も、その力はすべてに匹敵する」ということを理解させ、経済界の

基盤を固めていくことこそ、もっとも急いで取り組まなければならない

事柄なのだ。

 

参考事項 >

 

原文は「民はこれを由らしむべし。これを知らしむべからず」で、現代では

「人民は政策に従わせることはできても、その理由まで理解させることは

むずかしい」という解釈の方が一般的。

 

● 林家

 

林(はやし)という姓の家。特に、江戸幕府の儒官として、林羅山以来、

朱子学の学説を伝え、文教をつかさどった林氏をいう。

三代林鳳岡(ほうこう)より大学頭を世襲した。

 

● 覿面(てきめん)

 

1. 面と向かうこと。まのあたりに見ること。また、そのさま。

    転じて、まのあたり。目前。

2. 効果・結果・報いなどが即座に現れること。また、そのさま。

  「覿面な薬の効果」「天罰覿面」

 

● 煽る

 

1. うちわなどで風を起こす。また、風が火の勢いを強める。

2. おだてたりして、相手がある行動をするように仕向ける。

     たきつける。扇動する。「競争心を―・る」

3. 物事に勢いをつける。「人気を―・る」

4. 相場の高騰をねらって、意図的に大量に買う。

5. 自動車の運転で、前を走る車の後ろにぴったり付いて走行する。

     →煽り運転

 

● 背徳者

 

人倫、道徳にそむく人。背徳漢。敗徳者。

 

● 一朝一夕

 

きわめてわずかな期間、非常に短い時間のたとえ。

ひと朝とひと晩の意から。「一朝一夕には…できない」のように、

下に打ち消し表現を伴うことが多い。

 

 

 

この続きは、次回に。

トップへ戻る