お問い合せ

現代語訳「論語と算盤」⓶

□ 理論より実際

 

世間一般における教育のやり方を見てみると—-特にいまの中等教育が、

その弊害が激しいようだが—-単に知識を授けるということだけに、重点を

置きすぎていると思う。言葉を換えれば、道徳を育む方向性が欠けている。

たしかに欠乏しているのだ。一方で学生の気風を見ると、昔の青年の気風と

違って、いまひとつ勇気と努力、そして自覚が欠けている。

もちろんこのようにいって、自分のような老人が驕り高ぶった自慢を聞かせ

たいわけではない。何しろ今の教育は学科の科目が多い。あれもこれもと

いった有様で、その数多い科目の修得ばかりにおわれ、時間が足りないと

いった風情なのだ。このためよそ見をするヒマもなく、人格や常識を身に

つける努力などできないのは自然の流れだろう。

これは返す返すも残念なことだ。現に社会に出ている人はともかく、

これから社会に出て大いに努力し、国家のために尽くそうと思われる

方々は、こうした事情によくよく注意してもらいたい。

ところで、自分にもっとも関係の深い実業界での教育について見てみると、

昔は実業教育と名乗れるようなものは存在していなかった。

明治維新の後でも、明治十四、五(一八八一〜八二)年頃までは、この方面で

少しの進展もなかったのだ。商業学校のようなものも、その発達はたかだか

この二十年の間のことなのだ。

だいたい文明の進歩というのは、政治、経済、軍事、商工業、学芸などが

ことごとく進歩して、初めて真の姿を見ることができる。

そのなかのいずれか一つが欠けても、完全な発達、文明の進歩とはいえない

のだ。ところが日本では、その文明の大きな要素であるはずの商工業が、

久しくなおざりにされて顧みられなかった。

一方で欧州の列強国を見ると、他の方面ももちろん進歩しているが、なかでも

とりわけ進んでいるのが実業、つまり商工業なのだ。わが国においても

近頃は実業教育に対する世間の関心が高まり、進歩発展をしてきた。

しかし惜しいことに、その教育方法はといえば前に述べたように、急か

されるままに、急ぐがままに、理論や知識一辺倒になりがちになっている。

規律であるとか、人格であるとか、これは仕方がないことだといえるかも

しれないが、とても嘆かわしいことだ。

実業界でやっていこうという者は、こうしたもろもろの性質を十分に備えた

うえで、もう一つ尊重しなければならない重点が残っている。

それは自由—自分を頼りにするということだ。実業の世界では、たとえば

軍事における事務のように、いちいち上官の命令を待っているようでは

とにかくチャンスを逃しやすい。だから、何事も命令を受けてやるのでは、

成長がちょっとむずかしいのだ。ただしその結果として、知識ばかりへと

傾いていって、自分の利益ばかり追うようになってしまっては、孟子のいう、

「上に立つ人間と、下の人間がともに利益追求に走ってしまえば、国は

危うくなる」という状態に陥ってしまいかねない。

この点がとても気がかりなので、何とかこのような事態にならないよう、

わたしにとっては身近な実務教育においても、知育と徳育とを一緒に行って

いきたいと及ばずながら長年努力している次第である。

 

● 弊害

 

害になること。他に悪い影響を与える物事。害悪。

「弊害を及ぼす」「弊害が伴う」

 

● 気風

 

気性。気だて。特に、ある集団・地域内の人々に共通する気質。

「代々伝わる進取の気風」

 

● 驕り高ぶる

 

他人をあなどり、思い上がった態度をとる。

「―・って無茶な命令を下す」

 

● 風情

 

1. 風流・風雅の趣・味わい。情緒。「風情のある庭」

2. けはい。ようす。ありさま。「どことなく哀れな風情」

3. 能楽で、所作。しぐさ。

4. 身だしなみ。

  「人の―とて朝毎に髪結はするも」〈浮・一代男・三〉

 

 

 

この続きは、次回に。

トップへ戻る