お問い合せ

現代語訳「論語と算盤」⓺

□ 順逆、二つの境地はどこから来るのか

 

ここに二人の人間がいるとしよう。一人は地位もなければ財産もなく、

彼を引き立ててくれる先輩などもちろんいない。つまり、社会に出るに

あたって出世できる要素がきわめて少ないとする。

しかし、世の中を渡っていくうえで、ひと通りの学問はきちんと済ませて

いる。さらに、その人には非凡な能力があって、身体も健康、とても勉強家で、

やることが的を得ていて、何事をやらせても先輩が安心できるような仕上げを

見せたとする。加えて、よい意味で期待を常に裏切る結果を出し続けるなら、

必ず多くの人はその行いを称賛するに違いない。

そんな人であれば、国にいようが民間にいようが関係なく、必ずいった

ことを実行し、仕事では成果をあげるだろうから、ついには地位も財産も

手に入れられるようになる。この場合、その人の身分や地位を半面から

しか見ない世間は、一も二もなく彼を順境の人だと思うだろう。

しかし、実は順境でも逆境でもなく、その人が自分の力でそうした境遇

作り出しただけにすぎないのだ。

もう一人の方は、生まれつきの怠け者で、学校時代でも落第ばかりして

いたのを、お情けでやっと卒業できたとしよう。社会に出るからには、

今まで学んだ学問で世間を渡っていかなければならない。しかし、もと

もとのろまで頭もよくなく、不勉強なので、職を得たとしても上司の命令を

思うようにこなせない。心のなかは不満だらけになって、仕事にも一所

懸命になれず、上司の評価も低くてついにクビになってしまう。

家に帰れば、両親や兄弟から嫌な顔をされる。家族からの信用がないので、

郷里でも信用が得られない。こうなっては不満がますます高まり、自暴

自棄になってしまう。そんな境遇につけこんで悪い友達が誘惑すると、

思わず悪の道に走ってしまう。そして、もう堅気にはもどれなくなり、

先のない人生をさまよわなければならなくなる。

世間ではこれを見て「逆境の人だ」といい、たしかにいかにも逆境のように

見えてしまうものだ。しかし実はそうでもない、自分で招いた境遇に

すぎないのだ。唐代中期の詩人・韓退之が自分の子を励ますために著した

『符読書城南』のなかにもこんな一節がある。

「木は物差しを当てられて、人に役立つものとなる。物差しをあてるのは

大工だ。人が人であるのは、腹のなかに『詩経』や『書経』といった知識が

詰まっているからだ。こうした知識を努力して学べば腹は満たされるが、

努力しなければ腹のなかはからっぽだ。学問の力を知りたければ、こう

考えればよい。賢者も愚者も、生まれたては同じようなもの。

しかし、学問をしないことによってたどり着く先が異なってしまう。

二つの家に、おのおのの子供ができた。赤ん坊の頃の能力はお互いに似た

ようなもの。少し大きくなって、同輩で一緒に遊んでも、魚の群れの様に

みな一緒。十二、三歳くらいになって、ようやく少し違ってくる。

二十歳になると少しずつ差が大きくなり、淀んだ水たまりの横で、清らかに

流れる水が映えるような状況になる。三十歳になると体つきも固まり、

竜のようになる者もいれば、野ブタのようになる者もいる。

竜馬(神馬)が疾駆するとき、小さな虫けらのことなど気にもかけない。

ある者は馬の前を歩く一兵卒となり、背中を鞭で打たれてウジがわく。

ある者は位をきわめて政府の主として欲しいまま。

なぜこうなってしまうのか。学ぶと学ばないのと、その差にあるのだ」

これは主として学問への取り組みについて述べたものだが、同時に、順境と

逆境の二つに物事が分かれてしまう理由がよくわかる教えになっている。

要するに、悪い人間はいくら教えても聞いてくれないものなのだ。

一方、よい人間は教えなくても自分でどうすれば良いのかわかっていて、

自然に運命をつくりだしていく。だから厳正な意味からいけば、この世の

中には順境も逆境もないということになる。

もしその人に優れた知能があって、そのうえに絶え間ない勉強をしていく

なら、決して逆境などにいるはずがない。逆境がなければ順境という言葉も

消滅する。自分から積極的に逆境という結果をつくってしまう人がいる

ので、それに対して順境といった言葉もできてくるわけだ。

たとえば、こんな喩えを考えてみよう。身体の弱い人は、気候に責任を

おしつけて「寒いから風邪をひいた」とか「暑さにあたって腹痛がすると

いって、自分のもともとの体質が弱いことに口をつぐんでしのうことが

ある。しかし、風邪や腹痛といった結果になる前に、身体さえ強くして

おけば、何も気候によって病魔に襲われることなどないはずである。

普段からの注意を怠るから、こうした病気を招いてしまうのだ。それなのに

病気になったからといって自分の責任を認めず、かえって気候を恨んだり

するのは、自分が作った逆境の罪を、お天道さまのせいにするのと同じ

論法になってしまう。

以上、述べたことからすれば、わたしは逆境はないものだと絶対にいい

切りたいのだが、そうまで極端にいい切れない場合がある。

それは知識や能力、実践の面で何一つ問題がなく、勤勉で努力家、人から

師匠として仰がれるような人物でも、政治や実業の世界で順当に志が

かなっていく者と、その反対に何事も自分の意のままにならず、行きづ

まってしまう者とがいることだ。わたしは後者のような人物に対してだけ、

本当の意味での逆境という言葉を使いたいのである。

 

● 非凡

 

平凡でないこと。普通より特にすぐれていること。また、そのさま。

「非凡な(の)才能」⇔平凡

 

● 称賛

 

褒めたたえること。「称賛の的 (まと) 」「称賛すべき行為」

 

● 順境

 

物事が都合よく運んでいる境遇。「順境のうちに育つ」⇔逆境

 

● 逆境

 

苦労の多い境遇。不運な境遇。「逆境にめげない」⇔順境

 

● 境遇

 

その人が置かれた、家庭環境・経済状態・人間関係などの状況。

身の上。境涯。「恵まれた境遇に育つ」

 

● 堅気

 

1. 心がしっかりしていてまじめなこと。また、そのさま。律儀。

  「堅気な人」

2. 職業や生活が、まっとうで、着実なこと。また、そういう人。

  「堅気の商売」「堅気になる」

 

● 韓退之(かんたいし)

 

かん‐ゆ【韓愈】

[768~824]中国、唐の文学者・思想家。唐宋八家の一人。

昌黎 (しょうれい) (河北省)の人ともいわれるが、河陽(河南省)の

人。字 (あざな) は退之。昌黎先生と称される。

儒教、特に孟子を尊び、道教仏教を排撃した。

柳宗元とともに古文復興運動に努めた。

 

● 疾駆(しっく)

 

馬や車などを速く走らせること。また、速く走ること。

「疾駆するスポーツカー」

 

 

 

この続きは、次回に。

トップへ戻る