お問い合せ

現代語訳「論語と算盤」⓼

□ 成功と失敗は、自分の身体に残ったカス

 

世の中には、悪運が強くて成功したように見える人がいないでもない。

しかし、人を見るときに、単に成功したとか、失敗したとかを基準にする

のは、そもそも誤っているのではないだろうか。

人は、人としてなすべきことを基準として、自分の人生の道筋を決めて

いかなければならない。だから、失敗とか成功とかいったものは問題外

なのだ。かりに悪運に助けられて成功した人がいようが、善人なのに運が

悪くて失敗した人がいようが、それを見て失望したり、悲観したりしなく

てもいいのではないかと思う。成功や失敗というのは、結局、心をこめて

努力した人の身体に残るカスのようなものなのだ。

現代の人の多くは、ただ成功とか失敗とかいうことだけを眼中に置いて、

それよりももっと大切な「天地と道理」を見ていない。彼らは物事の本質を

イノチとせず、カスのような金銭や財宝を魂としてしまっている。

人は、人としてなすべきことの達成を心がけ、自分の責任を果たして、

それに満足していかなければならない。

広い世界には、成功するはずなのに失敗したという例がいくらでもある。

知恵ある者は、自分の運命を作るというが、運命のみが人生を支配する

ものではない。そこに知恵が加わって、初めて運命を開いていくことが

できるのだ。いかに善良な人間でも、肝心の知恵があまりなく、イザと

いうときにチャンスを逃していたら成功はおぼつかない。

徳川家康と豊臣秀吉とは、よくこの事実を証明している。

かりに秀吉が八十歳の天寿をまっとうし、逆に家康が六十歳で死んでいたら、

どうなっていただろう。天下は徳川のものにならず、豊臣がたもっていた

かもしれない。しかし、変転する運命は、徳川氏を助けて豊臣氏にわざ

わいした。そして同時に、秀吉の死期が早かったことだけが豊臣滅亡の

原因ではなかったのだ。徳川氏の方には、名将や知恵のある家臣が、雲の

ように集まってきた。一方で豊臣氏には秀吉の側室だった淀君がいて、

権勢を欲しいままにした。

誠実そのもので、幼い秀頼を託すのにふさわしい人柄であった片桐且元

淀君から排除され、逆に大野治長、治徳の父子がひいきされるあり様だった

のだ。そればかりでなく、石田三成が徳川家康を討とうと起こした関東

征伐は、豊臣氏の自滅を早めるよい機会になってしまった。

では、豊臣氏は愚かで、徳川氏は賢いといえるのだろうか。

わたしは徳川氏が三百年続く平和な江戸幕府を築けた理由というのは、

結局は、運命のなせるわざだったと判断する。しかし、この運命を掴まえる

のがむずかしいのだ。普通の人は往々にして、めぐりあった運命に乗って

いくだけの智力が欠けている。しかし家康は、その智力でめぐってきた

運命を見事掴まえたのである。

とにかく人は、誠実にひたすら努力し、自分の運命を開いていくのがよい。

もしそれで失敗したら、「自分の智力が及ばなかったため」とあきらめる

ことだ。逆に成功したなら「知恵がうまく活かせた」と思えばよい。

成功したにしろ、失敗したにしろ、お天道さまからくだされた運命に

まかせていればよいのだ。こうして、たとえ失敗してもあくまで勉強を

続けていけば、いつかまた、幸運にめぐまれるときがくる。

人生の道筋はさまざまで、時には善人が悪人に負けてしまったように

見えることがある。しかし、長い目で見れば、善悪の差ははっきりと結果に

なって現れてくるものだ。だから、成功や失敗のよし悪しを議論するよりも、

まず誠実に努力することだ。そうすれば公平無視なお天道さまは、必ず

その人に幸福を授け、運命を開いていくよう仕向けてくれるのである。

正しい行為の道筋は、天にある日や月のように、いつでも輝いていて少しも

陰ることがない。だから、正しい行為の道筋に沿って物事を行う者は必ず

栄えるし、それに逆らって物事を行う者は必ず滅んでしまうと思う。

一時の成功や失敗は、長い人生や、価値の多い生涯における、泡のような

ものなのだ。ところがこの泡に憧れて、目の前の成功や失敗しか論ぜられ

ない者が多いようでは、国家の発達や成長が思いやられる。

なるべくそのような浅はかな考えは一掃して、社会を生きるうえで中身の

ある生活をするのがよい。

成功や失敗といった価値観から抜け出して、超然と自立し、正しい行為の

道筋にそって行動し続けるなら、成功や失敗などとレベルの違う、価値

ある生涯を送ることができる。成功など、人として為すべきことを果たした

結果生まれるカスにすぎない以上、気にする必要などまったくないのである。

 

● 道筋

 

1. 通っていく道。通り道。コース。「店は駅に行く道筋にある」

2. 思考・判断などの展開の順序。また、物事の道理。条理。

    すじみち。「考えの道筋を逆にたどってみる」

 

● 眼中

 

1.目の中。

2. 見える範囲。転じて、意識や関心の及ぶ範囲。

  「彼の眼中にあるのは出世のことだけだ」

 

● 変転

 

状態・情勢が移り、変化してゆくこと。「めまぐるしく変転する世相」

 

● 淀君

 

一五六八〜一六一五 豊臣秀吉の側室として秀頼を産み、権力をふるった。

 

● 片桐且元(かたぎり かつもと)

 

一五五六〜一六一五 豊臣秀頼に仕えていたが、淀君の疑惑を招いて

大坂城から退去させられた。

 

● 大野治長(おおの はるなが)

 

?〜一六一五 豊臣家の家臣として、片桐且元の大坂城退去後に

中心人物となった。

 

● 超然

 

物事にこだわらず、平然としているさま。世俗に関与しないさま。

「時代の風潮に超然としている」

 

 

この続きは、次回に。

トップへ戻る