お問い合せ

危機の時代 ジム・ロジャース ⑬

第4章 お金持ちになるために大事なこと

 

・手っ取り早く儲けようと思ってはいけない

 

多くの人がお金持ちになりたいと願っている。

そこで理解しなければならないのは、みんな手っ取り早く儲けたいと思って

いることだ。

誰もがそう望んでいる。それは私も同じだ。

しかし、それではなかなかうまくいかない。

 

たくさんの人がホットティップ(とびきりの情報)を望んでいるので、

そのような情報を私が与えなければ、人々はがっかりする。

しかし、あなたが成功した投資家になりたいなら、誰かに頼っていると、

うまくいかない。簡単に儲かれば、誰もが裕福になるはずだが、そうならない。

ほとんどの人は投資に失敗する。

成功できないのは、簡単に儲かる方法ばかり探しているからだ。

手っ取り早く儲けたい人は成功するために必要な努力をしたがらない。

 

くり返しになるが、人生に置いてたった20回しか投資できないなら、

あなたは必死になって調べてから投資するので、成功する確率は高いだろう。

問題は誰も面倒な話を聞きたがらないということだ。

人間は自分の耳に心地よい儲け話にすぐに飛びつく。

 

危機の時に急いで飛び込んで何かをする必要があると思ってはならない。

そうしてしまうことが、ほとんどの人が投資で成功しない理由だ。

 

簡単ではないが、私はタイミングを見計らい、待つことができる。

ほとんどの人がそうできないことが問題だ。

多くの米国人は簡単な方法が大好きで、いつもそればかり探している。

 

投資は難しいと誰もが理解すべきだ。

多くの努力、多くの研究、多くの知識を必要とすることを知っていれば、

人々はおそらく安易な投資をしないだろう。

 

ただ座ってテレビを見ていたい。

サッカーやドラマを楽しみたいと考える人がなんと多いことか。

彼らは退屈で面倒な仕事をしたくない。

分厚い企業のアニュアルリポートを読んで研究するのはつまらないことだと

思っている。

 

すぐに儲けられる話をみんなが聞きたがるところに落とし穴がある。

誰もが自分で研究するよりも、うまい儲け話を探している。

そして自分がよく分からないものに手を出す。

自分が知っているものにだけ投資するというルールを守るべきだ。

 

・豊かな生活を送るために必要な金額

 

しばらく前にスイスの銀行大手が悠々自適の生活を送るには250万ドル

(約2億7500万円)のお金が必要だという調査を発表した。

しかし10年後にはそれが500万ドル(約5億5000万円)になるかもしれない。

 

500万ドル保有していて、年間1%の収入を得られるとしたら5万ドル(約550万円)に

しかならない。それで十分なのか。

少なくとも私にとって、その金額は全く足りない。

 

今、1000万ドル(約11億円)の資産があっても、銀行に預けることで、利子を

どれだけ稼げるのか。

世界的な低金利が続く中では、豊かな生活を期待できるようなリターンは

とても得られない。そんな中で資産を一挙に失いかねない危機が到来した。

 

私自身、過去にさまざまな危機を経験してきた。

ブラックマンデーやリーマン・ショックなど困難な場面に何が起き、

人々がどう行動するのかを見てきた。

 

私が知っている唯一のことは、危機が起きても目を覚まし続けることだ。

自暴自棄にならずに常にチャンスを探し続けるしかない。

それ以外に方法はない。逃げ出して出家することもできるかもしれないが、

私はそうしなかった。私はただ目を覚まし、辛抱し続けた。

 

忍耐し続けるながら、変化を見極めて生き残る。それ以外に、解決策はない。

そう私は心から思う。

もし、あなたに5人の子供がいるならば、彼ら一人ひとりが自分なりの

サバイバル方法を見つけなければならない。

 

危機がやってくると自殺する人もいる。

しかし、私は人々が命を絶たないことを願っている。

生きていれば、5年経ち、10年が経つと、「ああ、良かった。自殺しなかった

から幸せな人生があった」と気づくだろう。

なぜなら、状況は必ず良くなり、変化するからだ。

 

 

この続きは、次回に。

トップへ戻る