お問い合せ

飲食店経営者対象「シップス倶楽部」会員募集について

飲食店経営者様

 

  大手居酒屋チェーンのビジネスモデルを参考に、

     自店舗の売上高増加・経費削減に生かしてみませんか?

 

シップス倶楽部会員募集について

始めまして。

弊社-私が長年勤務しておりました会社は、数社の大手居酒屋チェーンとの業務委託契約による食材の

「帳合業務」を行っておりました。

「帳合業務」とは、大手居酒屋チェーンの仕入担当者に代わり必要としている食材をインターネット等で

探し、調達、価格交渉をした上で、大手居酒屋の定例会議にてレシピによるプレゼンテーション、

仕入金額の提示等を行い、採用された場合は「グランドメニュー(夏・冬の半期又は年間)」に掲載され、

納品-売上高につながるという業務です。

 

例えば、ある大手居酒屋チェーンの店舗数が300店舗

1店舗当たり採用されたメニューが1日10品販売された場合は、全店舗で1日3,000品となります。

グランドメニューに採用された場合は、半期-6ケ月間(約180日)で売上高54万品となります。

1品当たりの納品(売上高)に対する粗利益は、自ずと計算されます。

 

つきましては、大手居酒屋チェーンのビジネスモデルを参考に、今回のシップス倶楽部会員様には、

 

①   “1店舗-個”から“1店舗の集合体で多店舗-チーム”になることでメリットを図る。

 

②  多店舗・共同体によるメニューの見直しや新メニューの開発、内外装のDIYによる

   変更等で、売上高増加を図る。

 

③   スケールメリットによる仕入コストの軽減、新仕入先の導入、ジョイントによる

    広告宣伝等々の経費削減を図る。

 

④   シップス倶楽部会員同士の情報交換—経営改善、会員同士の売れ筋メニューの提供、人員の

       共有化を図る。

 

 

⑤   経理/財務等々の作成代行-月次損益計算書作成、決算書作成からの経営診断作成及次年度

       事業計画書作成。

 

⑥   新事業の立案による経営基盤の強化策提案。

 

⑦   補助金、助成金活用による投資資金の補填及投資資金軽減提案。

 

⑧   資金調達、資金繰り等のサポート。

 

以上の他にも大手居酒屋チェーンのビジネスモデルから学ぶべきことは多数あると思います。

残念ながら、“ちょい飲み”や“うち飲み”等々での競争激化で売上高は減少しております。

私が在職していた会社でも1社当たりの売上高月間約5,000万円が、2015年度には月間数百万円と

激減致しました。

市場ニーズに対応した経営戦略が取りざたされている中で生き抜いていくことの重要性を感じます。

 

今回のシップス倶楽部会員募集は、“地域密着型”のため世田谷区の飲食店経営者様を対象に電話帳を

参考に抜粋させていただきました。

 

                 記

 

1. 募集会員数は、30会員となります。目標会員数は、60会員。

 

2. 目標会員数での総年商は、21.6億円を想定しており、1会員の年商平均3,600万円、

     月商平均300万円を目標にしております。

 

3. 年会費は、1会員年間3万円、別途消費税が必要となります。

     毎月1回、会員が必要としている情報を提供するために活用させていただきます。

 

4. 月額費用は、1契約2万円、別途消費税。

     会員サイト作成代、月例会議費用、人件費(営業、経理、広告、販売)補助等に活用させて

     いただきます。

 

5. 特典は、弊社入会後1年間で売上高増加、経費削減等が数字上見られない場合は、月額年間費用を

     最大50%返金致します。

 

     弊社は、今回の会員募集の目的は、「成果」に基づくと考えており、「成果」に繋がらない場合は、

    “机上の口論”と考え返却致します。

 

 

6. サポート体制

     弊社ネットワーク-税理士事務所、弁護士事務所、社会保険労務士等々でトータルサポート致します。

 

7. 新商品の共同開発及び新メニューの共同開発で、OEM化による販売企画を提案。

 

8. 事業継承相談

 長年の営業で、固定客もあり、利益もあるのに、体力の低下により店舗の継続が難しくなった等の

    方は、弊社が窓口となり店舗の継続の相談にのります。

 

9. お問い合わせについては、弊社「お問い合わせ」フォームに氏名・連絡先・住所・お問い合わせ

     内容を明記の上、送信して下さい。

     打ち合わせ日時の調整をさせていただきます。

 

10. 入会方法は、すべての打ち合わせ終了後、「合同説明会」を開催の上、入会手続き についてご説明

      させていただきます。

 

単に飲食業界に捉われない新事業—介護、福祉、民泊、インバウンド、2020年東京オリンピック・

パラリンピック等、“個”ではなく“集合体-組織”として店舗の継続、店舗拡大を是非、ご検討いただければと

思います。

 

利益が出ている店舗は、更なる筋肉体質店舗・多店舗展開を目指してください。

 

利益が出ていない店舗は、原因を明確・見える化した上で、即時に解決策を実行してください。

垂れ流しは、無駄にお金と時間を捨てるようなものです。

 

以上

 

株式会社シニアイノベーション

代表取締役 齊藤 弘美

 

 

トップへ戻る